2010年12月31日、2011年1月1日、2日に撮った写真です。

旦那さまの実家で年を越すために琥鉄も一緒に
車で帰って来ました。
道にも雪が積もっていたので、タイヤがスリップして
怖かったのを今でもはっきりと覚えています。
ここは、南国宮崎なんだけどね・・・
(山奥だからね~)

琥鉄もこんなに積もった雪は初めてでした。

011_convert_20151001133713.jpg
2010年12月31日、16時01分
はしゃぐ訳でもなく、嫌がる訳でもなく・・・。


005_convert_20151001133533.jpg
2010年12月31日、16時08分
足、冷たくないかい?


024_convert_20151001133955.jpg
2010年12月31日、16時09分
やっぱり寒いよね?


028_convert_20151001134054.jpg
2010年12月31日、16時12分
側溝を歩く琥鉄。
楽しそう。


032_convert_20151001134235.jpg
2010年12月31日、16時13分
みんなでお散歩。
良かったね~。


036_convert_20151001134347.jpg
2010年1月1日、7時39分
雪にも豪快に顔を突っ込むのね。


189_convert_20151001125338.jpg
2011年1月1日、11時23分
琥鉄用のかまくらもみんなで作ったぞ。
何か言いたそうな顔が笑っちゃう。


192_convert_20151001125456.jpg
2011年1月1日、11時24分
雪と柴犬も似合うね~。


201_convert_20151001125631.jpg
2011年1月1日、11時37分
雪を満喫してるね~。


211_convert_20151001125725.jpg
2011年1月1日、11時50分
雪を投げられれても怒りません。


213_convert_20151001125828.jpg
2011年1月1日、11時50分
耐えてますね。


096_convert_20151001124620.jpg
2011年1月1日、14時39分
雪合戦中の娘に近づく琥鉄。
それなに?
「クンクンクン、それ、食べれる?」


071_convert_20151001124222.jpg
2011年1月1日、13時57分
また、かまくらに入れられてる。


072_convert_20151001124331.jpg
2011年1月1日、13時58分
やっぱり迷惑そう。
すぐに出てきた。


085_convert_20151001124424.jpg
2011年1月1日、14時39分
顔に雪がついてるわよ。


102_convert_20151001124706.jpg
2011年1月1日、14時54分
かっこいいね。


104_convert_20151001124732.jpg
2011年1月1日、14時56分
ズボッとな。


105_convert_20151001124805.jpg
2011年1月1日、14時57分
ズボボッとな。


129_convert_20151001124845.jpg
2011年1月1日、16時01分
み~んなで夕方の散歩。


136_convert_20151001124923.jpg
2011年1月2日、7時29分
遠くで聞こえる犬の鳴き声が気になるらしい。


137_convert_20151001125009.jpg
2011年1月2日、7時30分
何て言われてるのかな。


144_convert_20151001125234.jpg
2011年1月2日、7時45分
何か匂いがするの?
鹿?
イノシシ?


snap_tikagenoko414_201510114015.jpg
家族みんなの写真てそんなに無いの。
琥鉄を抱っこしてるのは私。
琥鉄との写真、沢山撮っとけばよかった。


9月27日は、琥鉄の四十九日でした。
私は子どもの頃からそんなに仏壇に
手を合わせる人ではありませんでした。
それがお父さんが3年前に亡くなり、
仏壇に手を合わせるのが当たり前になりました。
線香をあげて手を合わせて、いろんな話をするようになりました。
お父さんは、いつも琥鉄を可愛がってくれていて
暇さえあれば、散歩に連れて行ってました。
私に見つからないようにコソッとパンをあげたり
お菓子をあげたりしていました(人間用のです)。
私に見つかり、いつも怒られていました。
琥鉄は、お父さんが好きだったと思います。
最近は、お父さんにいつも問いかけています。
琥鉄に会いましたか?
琥鉄は寂しそうにしていませんか?
琥鉄と遊んでくれていますか?
琥鉄に変な物あげちゃだめだよ。って。

琥鉄が亡くなる1日前は、日帰りで大分に行っていました。
夏のお出かけは、琥鉄には暑くてかわいそうだと思ったので
私の実家にあずけて行きました。
私のお母さんがちゃんと見ていてくれました。
琥鉄は、お母さん=芋をくれる人だと思っていたので
朝早くから「芋をください」ってめっちゃ訴えていました。
私のお母さんは車の免許を持っていません。
(いつもの買い物は、私や弟が連れて行きます)
近所のストアが今年、閉店してしまい歩いて行ける距離に
店がありませんでした。
琥鉄は、留守番中に何度もお母さんに芋を催促していたみたいです。
琥鉄が次の日、突然に亡くなり・・・。
お母さんは、琥鉄に芋をあげれなかった事を
今でも後悔していて最近も涙ぐんでいました。
遠くの店に歩いて行ってでも芋を買いに行けば良かったと。

お母さん、ごめんね。
お母さんにそんな思いをさせてしまって。
大丈夫だよ。
琥鉄は、お母さんに沢山の芋をもらっています。
満足してると思うの。

毎日、何回も線香をあげて手を合わせて
琥鉄に話しかけています。

DSCN1578_convert_20151007072325.jpg
私には、何の能力も無いので琥鉄の気配を感じ無かったけど。
庭に行くと琥鉄が私の周りを着いて回ってるような気がして。


DSCN8061_convert_20151007072209.jpg
デッキで洗濯物を干してると、私の近くで
くつろぐ琥鉄がいるような気がして。


DSCN7885_convert_20151007131226.jpg
玄関に行くと琥鉄が「散歩はまだ?」って待ってるような気がして。


四十九日を過ぎると魂は、天国に行くんですよね。
もう、琥鉄が近くにいないのかと思うだけで
胸が苦しくなります。
悲しい時、苦しい時、イライラしてる時
いつも琥鉄が癒してくれていました。


スポンサーサイト
2015.10.07 Wed l お気に入り写真 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tikagenoko414.blog134.fc2.com/tb.php/1604-bb3732f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)